安価で可愛いオリジナルTシャツの作り方まとめ

夏といえばTシャツですが、自分だけのオリジナルTシャツを作って野外フェスなどのイベントを楽しむ人が増えています。イベントが終わってからも思い出になり人気になっています。オリジナルTシャツを作る時に気になるのは費用面ですよね。少しでも安くて可愛いTシャツが作りたいという人には自分が持っている無地のTシャツを使ったDIYをお勧めします。デザインに合わせて型紙を作り、フエルトを購入します。フエルトはアイロン接着が可能なものとそうでないのがあります。アイロンでくっ付けることができるものは型紙を使ってフエルトを切り取りTシャツに張り付ければ出来上がりです。缶バッジや飾りボタンで飾っても可愛いし、裾にレースやボンボン付きのテープをつけたりするとさらに華やかになります。手縫いはフエルトの上から縫い目の点線が見えるように縫います。時間はかかりますが、独特の味わいが出てとても素敵な仕上がりになります。

安くて可愛いオリジナルTシャツを業者に頼んで作る時のポイント

文化祭などのイベントでは、安くて可愛いオリジナルのTシャツを作りたいという場合が多いですね。そんな人にお勧めの少しでも安くオリジナルTシャツを作る時のポイントを紹介します。はじめに、Tシャツの色を白にすることをお勧めします。インクジェットプリントで生地に印刷するのですが、薄い色ほど料金が安いので、白が一番お値打ちになります。Tシャツの色が濃くなる程プリント代金が上がり、イメージ通りの発色のデザインにするために下地の色を白くしてからプリントすることもあるので、余分に代金がかかってしまうこともあります。次に、シルクスクリーンプリントで印刷するので、版のサイズで代金が変わります。そのため、デザインが小さい方が版代金は安くすみます。そこで、安くて可愛いいオリジナルTシャツを作るには小さくてインパクトのあるデザインで作ることをお勧めします。

オリジナルTシャツが創り出す人と人とのつながりが魅力

オリジナルTシャツの魅力といえば、Tシャツを通した人と人との心のつながりの深まりです。日頃は恥ずかしくて言葉に出来ないことでもオリジナルTシャツを通してだと簡単に伝えられます。例えば、父の日や母の日に世界でたった1つのオリジナルTシャツをプレゼントするというのもお勧めです。どんなに頑張っても気持ちを上手く伝えられないという人も感謝の気持ちを書いたカードをつけてプレゼントするだけで上手く想いが伝わります。また、自分の分のTシャツも一緒に作ることで、最近テレビや雑誌で取り上げられ人気になっている「親子コーデ」を楽しむこともでき、喜びも一層大きくなります。結婚式のプレゼントにするなら、幸せそうな新郎新婦の写真、友達や同僚からの寄せ書きの言葉などを入れて作ったオリジナルTシャツいうのも人気です。時間と手間はかかりますが、結婚式を最高に盛り上げること間違いなしです。