思い出にぴったりなオリジナルTシャツの作り方を解説します

文化祭や体育祭は、学生生活で最も思い出に残る行事です。クラスの仲間や部活の仲間、サークルの仲間などと、自分達らしさを出したオリジナルTシャツを一緒に着ることによって、クラスやチームの団結力がより強まります。年に1度のイベントが、オリジナルTシャツを作ることによりさらに盛り上がりを増し、イベントが終わった後も懐かしい思い出の1枚としていつまでも心に残るでしょう。体育祭では、クラス対抗リレーなどの時にオリジナルTシャツを身に付けることで、クラスメイトとの一体感を感じることが出来ます。文化祭もまた、学生生活では思い出に残る大きな行事の1つですね。自分のクラスで取り組むイベントに合わせたオリジナルTシャツを作ることで、他のクラスに差を付けることも出来るのが魅力です。

ダンスチームには欠かせないオリジナルTシャツ

ダンスは、仲間と一緒に身体の動きで気持ちや言葉を表現していきます。人前で踊る時は、振付やみんなの動きが揃っているというのもとても大切なことですが、どんな衣装を着ているかで見た目の印象は随分変わります。ダンスで表現したいもののイメージにぴったり合った衣装を着ることで、さらにダンスがより良く見えます。チームメイトと同じウェアを着ることにより、ダンスチームで表現したいものをオリジナルTシャツに盛り込むことが可能です。人前で踊る時だけでなく、練習の時にも、そのチーム特有のユニフォームとしてオリジナルTシャツを作ると、チームの結成力はより高まり、チームメイトの士気を上げるのに良い影響を及ぼします。レッスンでは激しく動き、汗も沢山かくので、汗をよく吸うTシャツは、身体を冷やさないという意味でも練習着としてぴったりです。

オリジナルTシャツを作る時間が思い出の時間

オリジナルTシャツは、世界にたった1枚だけ、自分のオリジナリティを出すことが出来ます。自分らしさを出したり、人に伝えたいこと、人に覚えてもらいたいこと、そんなメッセージを盛り込んだり、思い出になるようなワンポイントを入れたりデザインを考えたり。子どもの成長の1過程として、幼稚園や学校で描いて来た絵をプリントしたり。土台になる生地の質感や色、形など、様々なものが揃っているので、自分が表現したいものに合わせて選ぶことが出来ます。サイズも赤ちゃんが着られるような小さいものから、大きな男性でも着られるサイズまで揃っているので、親子、おじいちゃんおばあちゃんと孫など、世代を超えて着ることも可能です。家族お揃いで作るのも素敵です。オリジナルTシャツのデザインを考えることが、素敵な思い出になります。